疲れ目の治療法

疲れ目の治療には、2種類あります。病院で行われる方法と自宅でできる方法です。
まず、病院で行われる方法を見ていきましょう。
1.メガネ、コンタクトレンズの調整。
度数が合わないと、どうしても目が疲れます。検査を受けて、一番合ったものを使うようにしましょう。
2.ビタミンB₁₂や調節賦活剤を点眼。
軽い疲れ目に効果があります。
3.防腐剤の入っていない点眼薬の処方。
防腐剤が入っていると、目に刺激がある場合があります。
4.D5000を使った治療。
検査機の風景を5分間眺めて、目の緊張をほぐします。
5.目を温めたり、冷やしたりする。
血行を促進するために行う手法ですが、炎症があるときには、温めてはいけません。
次に自宅でできる治療法です。
1.病院で行われる方法の5は、自宅でもできます。
2・栄養、食事のとり方。
疲れ目に効く栄養と食べ物があります。いくつか挙げてみましょう。
・ビタミンA。
角膜の働きを助けます。
・ビタミンB。
視神経の働きを調節します。
・ビタミンC。
水晶体を透明にします。
・ビタミンE。
目の血行を促進します。
・ルティン。
紫外線から目を守りますが、さまざまな眼病予防に効果があります。
続いて、食べ物の種類を見ていきましょう。
・ブルーベリー。
目の疲れ、夜盲症、網膜炎に効きます。
・青魚
青魚に含まれるEPAとDHAは血液をサラサラにする成分です。目の血流もよくするので、疲れ目に効果的です。
・ケール、ほうれん草など。
先ほど書いたルティンが豊富に含まれます。
・ニンジン。
ニンジンにはβーカロテンが入っています。目の網膜にいい成分です。
その他にもいろいろありますが、基本的には、ビタミン、ミネラル、タンパク質をバランスよく摂ることが大切です。
3.お灸。
自宅でもできますし、鍼灸院でもお願いできます。
それでは、お灸で疲れ目を治療するツボをお教えします。
・天柱(てんちゅう)。
後頭部の生え際、首の中心から外へ行ったところ。
・風池(ふうち)。
うなじの外側のへこんだ部分。
・肩井(けんせい)。
首の付け根と肩先の中間。
・曲池(きょくち)。
肘を曲げたときにできるしわの外側の端。
4.マッサージ。
お灸のツボと同じところをマッサージしてもいいですが、目により近いところを直接もむこともできます。
・太陽(たいよう)。
眉毛と目じりの中間を外側へ2cm行ったくぼんだ所。
・晴明(せいめい)。
目頭の少し上のくぼんだ所。
・攅竹(さんちく)。
眉毛の鼻よりの端。
疲れ目の対処法はたくさんあります。自分に合った方法を選んで、一日も早く解消しましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

疲れ目の症状とは?

疲れ目の症状といえば、目の乾燥や物が二重に見える事、視界がぼやける事等が代表的なものとなります。
こうした目に現れる症状以外にも、疲れ目が原因で起きる可能性がある症状が、肩こりや偏頭痛、倦怠感等です。
ですから、目が疲れていると感じたら、早めに対策をしておかなければ、目だけではなく、体にも大きな負担がかかってしまう事になります。
そんな疲れ目の原因となるのが、目の酷使です。
現代の場合、一日中パソコンに向かう仕事をしている等、目を酷使する機会が多いという人も多いでしょう。
仕事で目が疲れてしまう場合、仕方がないと諦めてしまう人も少なくありませんが、そのまま放置せずに出来る対策をしておく事がおすすめです。
一日中パソコンを使う人の場合、目を休める時間を作る事が有効です。
仕事によっては休める時間を作る事が難しいという人もいるでしょう。
ですが集中して作業をしたら、一時的にパソコンから目を離し、目を休ませる時間を作るだけでも、疲れ目になりにくい状態を作れます。
可能であれば、その時に温かいタオルで目の周りを温め、血流を改善しておく事がおすすめです。
血流が改善するだけでも、疲れが取れやすい状態になります。
更に、パソコンを使う時には、近づき過ぎないという事も重要になってきます。
パソコンで作業をする時に、画面に顔を近づけ過ぎてしまうという人もいるでしょう。
近くで見れば、それだけ目に負担がかかる事になります。
ですから、程よい距離を保った状態で作業をするようにするだけでも、目にかかる負担を軽減させていく事が出来ます。
これらの対策は、パソコンを使っている時だけでなく、細かい作業をしている時にも有効です。
こうした対策が難しいのであれば、疲れ目を改善する為に有効なアントシアニンが含まれたサプリメントを摂取してみると良いでしょう。
アントシアニンは疲れ目を回復してくれる効果があるというイメージを持つ人も少なくありませんが、疲れた目を回復するよりも、目が疲れにくくする効果を期待出来る成分です。
ですから、疲れてから飲むのではなく、目を酷使する状態になる前に飲む事がおすすめです。
更に、良い状態を維持したいと考えるのであれば、継続的に摂取をしておくと良いでしょう。
それにより目が疲れにくい状態を作る事が出来ます。
疲れ目は、目や見え方に大きな影響が出てしまうだけでなく、場合によっては体にも影響が出る為、症状を自覚しているのであれば、出来る対策をしておく事がおすすめです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

疲れ目の原因とは?

パソコンやスマホを長時間操作すると疲れ目になります。そのような眼精疲労が蓄積するとドライアイから始まり、頭痛や肩こりの原因につながります。パソコンやスマホや生活の必需品であり、疲れ目は深刻な生活習慣病であると言えます。
疲れ目の対策をするには、その原因を知る必要があります。ますはディスプレイ表面の反射光です。パソコンのモニターー画面にはグレアパネルと言って光沢を持つものがあります。色鮮やかな表示が実現でき動画鑑賞などに適していますが、外光を反射しやすい特性を持つため、画面に背後の物体が映り込むことなどによって、目のピントがズレて目が疲れます。この場合、ノングレアタイプのディスプレイを用いるか、反射を抑えるフィルムを貼る対策が有効です。
その次に、ディスプレイだけでなくスマホも発するブルーライトです。LEDバックライト搭載の液晶ディスプレイは人の目に見える光(可視光)の中でも紫外線に近い波長を持つ光でエネルギーが高い(つまり、白が青っぽく見える)ものが多く、他のディスプレイよりブルーライトを強く発します。その場合ディスプレイに用いられる色温度を下げればブルーライトの低減ができますが、画像や色彩の扱いがメインとなるクリエイティブな作業には支障が出ます。画面の色が赤から黄色っぽくなり、色の再現性が落ちるからです。さらには、ブルーライトは散乱しやすい特性があり、ピントを合わせようと目の筋肉を使います。
3つ目は作業環境です。部屋の明るさやディスプレイまでの距離によっては目を酷使することになります。また室内が乾燥すると、目の潤いが喪失することでドライアイになり、目にダメージを与えます。作業環境が悪い状態で長時間ディスプレイを見つめる作業をすると、眼球が長時間同じ位置で動きがない状態が続くことになり、結果として外眼筋が疲労を起こします。、また、水晶体の厚さを調節してピントを合わせるための毛様体筋も、一定距離でピントを合わせることで緊張状態になります。肩こり同様、目の筋肉も凝るのです。さらに、長時間の作業に関わらず休憩を怠ったり睡眠不足になると、血行の悪化もあり、目を構成している視細胞に必要な栄養素が行き渡らなくなります。それにより細胞の代謝が低下し、眼精疲労を回復しづらくなる悪循環に陥ってしまいます。
このようにディスプレイを使う仕事をVDT作業といい、これにより引き起こされる心身の不調をVDT症候群と呼びます。厚生労働省は「VDT作業における労働衛生環境管理のためのガイドライン」を定めて作業者の健康への配慮を求めています。慢性化しないように自分の目は自分で守りましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

疲れ目は温める?冷やす?

目の疲れはつらい症状ですが、慢性化もしやすいので、初期のうちにしっかり改善をしておきたいところです。
パソコンやスマートフォンなどの使用時間を抑える、遠くを眺める、ストレッチや目を回す運動などお摂りいれてみましょう。
目の乾燥がひどいときは目薬で目を潤すという方法も即効性が期待できます。

このほかでは目の疲れを手軽に摂る方法としては、目を温める、もしくは冷やすという方法があり、どちらが効果的なのかも気になるところです。

冷たいタオルなどで目を冷やすことは気持ちがよく、目の疲れに良さそうなイメージもありますが、疲れ目の場合は目の周りの血行も悪くなってしますし、目のまわりの筋肉も緊張していますので、温めることは有効です。

目を温める方法としては、お風呂で全身の血行を促進させるにも有効です。適度な湿気もありますので、お風呂場はドライアイの改善にも役立ちます。体を温めながら目の周りのマッサージを行ったり、ツボを押すことも血行改善に役立ちます。

普段のお手入れとしては蒸しタオルも有効です。蒸しタオルはタオルを水で搾って、電子レンジで温めるなどで簡単に用意できますので、普段の目のケアに取りいれてみてはいかがでしょうか。
目の周囲の血流が改善され、緊張がほぐれますし、こちらも湿気を与えることにつながりますので、目の乾燥を和らげるのにも役立ちます。

この場合も温度が高すぎたり、あまりに長時間行うことは低温やけどが起きてしまうこともありますので、温度や時間は適正に保ちましょう。

最近では目を温めることが眼精疲労の改善に役立つということが知られていますが、充血などの炎症がある場合は冷やすことも効果的です。このときもあまりに長時間冷やすことは血行が悪くなることにもつながりますので、短時間にとどめておくことがおすすめです。目に熱を感じる場合なども冷やすケアは有効です。
目を温めるケアの最後に冷やすケアを加えるなど合わせて行うこともおすすめです。

そして目を閉じて休めることも大事ですので、アイマスクなども活用してみることもおすすめです。アイマスクをつけると光が遮断されますので、目の疲れの解消に役立ちますし、目をしっかり休めたいときに有効な方法です。

アイマスクは単純に光を遮るタイプでも良いですが、冷蔵庫で冷やして冷アイマスクにできるものもありますし、電子レンジなどで温めてホットアイマスクにできる商品もありますので、そうしたアイテムも活用してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

疲れ目の対策方法とは?

近年では、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどが普及しており、画面を見ることも多いため、目を酷使することで疲れ目になる方もいます。また、仕事などで細かい作業などをして、目を集中して使う場合や、自動車などの乗り物の運転などで、疲れ目になる場合もあるでしょう。
疲れ目が続いてしまうと、目の奥などに疲れが溜まり、眼精疲労になってしまうこともあります。目の痛み、充血などの症状がでたり、酷い場合には、肩こりや頭痛などにもなることがあるでしょう。
そのような状態にならないために、日頃から疲れ目対策を行うようにしましょう。まずは、目を酷使しない生活環境を整える事が大切です。目が疲れるような作業や、画面などを長時間見ないで過ごせるようにすることも重要です。しかし、仕事などどうしても作業として行わなければならず、画面などを見る必要がある場合には、作業の合間に休憩を入れて、少し目を休めることも大切です。目を癒すためには、遠くの景色を眺めたり、こめかみや目の周辺にあるツボを刺激して、マッサージをすることも、目の周辺の筋肉の緊張をほぐし、また、血行をよくすることになるため、ある程度、疲れ目にも効果が期待できるでしょう。また、市販されている疲れ目対策のグッズなどを買って、使ってみるのもいいでしょう。その他にも、蒸しタオルなどを使い、目の周辺を温めることも、目の疲れを取るためには、有効な手段です。しかし、目の状態が充血などを起こしている場合には、温めてしまうと、充血が悪化することもあるので、そのような場合には、少し冷やすほうがいいケースもあります。
自分の目の状態を把握して、適切な対策をすることが大切です。また、自宅では、リラックスできる環境も必要です。目に力が入り、常に緊張状態が続いてしまうと、目の周辺の筋肉がこり固まってしまい、目の痛みや肩のこり、頭痛などになることもあります。お風呂に入り、全身の血流をよくすることや、筋肉の緊張をほぐし、リラックス状態になることで、これも目の疲れをとる効果が期待できるでしょう。また、お風呂あがりの筋肉が適度にほぐれた状態で、マッサージを行うと効果が向上するといわれています。目の疲れや肩のこり、また頭痛を予防するために、お風呂あがりには適度なマッサージを行い、筋肉の緊張をほぐしていきましょう。
また、目の疲れを取るためには、睡眠も重要です。しっかりと睡眠時間を確保し、夜更かしなどをせずに快適な目覚めができるように、しっかりと睡眠を取りましょう。

目の疲れには、
ふるさと青汁という健康食品も効果的だそうです!

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント